用語・機能説明

「連絡用インターホン」の紹介ページに記載されている、機能・用語・アイコンの説明をしています。

設置台数

設置台数によって機種も変わってきます。最初に設置台数をお選びください。

規模 人物 セクション数
小規模 約10人 3~5
中規模 約30人 5~10
大規模 約100人 10~20

通話網

親子式

1台の親機を中心に子機をつなぎ、親機・子機間で通話します。

相互式

親機どうしで構成し、どの親機からも相互に呼出通話ができます。

複合式

親子式と相互式の組み合わせ方式。親子式、相互式いずれの方式でも使用できます。

通話方式

電話形同時通話

受話器を使った一般的な通話方式です。まわりの声がきになる時や打ち合せに最適です。

スピーカー形交互通話

スイッチで送話、受話を切り替えます。用件だけを伝え、忙しい時に役立ちます。

拡声通話

双方でハンズフリー通話ができ、手が放せない時でも通話ができます。

拡声(同時)通話

呼ばれた人は、操作なしで通話ができ、大勢の中から特定の人を声で呼び出すことができます。

機能

呼出方式

音声呼出
直接声で相手を呼び出します。
表示
どこから呼ばれたのかランプで確認できます。

オプション

ドアホン

訪問者をドアホンで確認できます。

ページング

インターホンからスピーカーを使って、呼出・放送ができます。

増設ブザー

リレーボックスを使って、増設ブザーを鳴らせます。

通話

応答ハンズフリー

手を使わずに応答ができます。

秘話

通話が漏れません。