集合住宅向けインターホンシステム

PATMO(パトモ)

安心・便利

カンタン操作と高いセキュリティ性を両立。

もっと安全に、もっと快適に。セキュリティ機能を充実させた、毎日の暮らしを見守る集合住宅インターホンシステム。
マンション内の日常の防犯対策はPATMOにお任せください。

エントランス+住戸玄関前の「ダブル映像チェック」

エントランス、住戸玄関、居室
1エントランス映像チェック

エントランスを映像で確認し、親機の操作で簡単にオートドアの解錠ができます。家族の帰宅時や友人の来訪時は、通話を省略して映像確認だけで、すぐ解錠できる「ダイレクト解錠」が便利です。

2住戸玄関前映像チェック

知らない人がこっそりマンション内に入館してしまった場合でも、玄関前のカメラでしっかり顔を確認。エントランスと住戸玄関のダブルチェックで同一人物かどうかを確認できるため、防犯効果が高まります。

ほぼ真横まで見える「パノラマワイド」

左右画角約170°

集合玄関機のカメラは、左右画角が約170°の広角カメラ。なりすまし入館や共連れも逃さずチェックできます。

※エントランス(集合玄関機)の広角映像イメージです。
※本機能は集合玄関機の映像のみ可能。

見やすい3.5型カラー画面を搭載

3.5型カラー画面

見やすい3.5型カラー画面を搭載。

自動点灯LEDライトで夜間もくっきり

玄関子機は夜間自動LED点灯で、夜間もくっきりカラー

住戸前の玄関子機は呼出ボタンが押されると、夜間は自動でLEDライトが点灯。夜だと見えづらい玄関前もカラーでしっかり確認できます。

「自動録画機能」で最大40件まで録画

呼出を受けてから約2秒後より自動録画スタート。
1件あたり6画面録画・最大40件まで残すことができるので、留守中の来訪者の確認に役立ちます。

※非常連動録画は1回につき5件分使用します。
※管理室呼出履歴では1回につき1件分使用します。

集合玄関機前画像

1件あたり1秒間隔で6画面録画
集合玄関機前画像は以下の4通りの設定が可能。

ズーム・ワイドの録画パタン4通りのなかからお選びいただけます。
住戸玄関子機前画像

1件あたり1秒間隔で6画面録画
住戸玄関前画像は固定画面となります。

固定6画面

光って操作をガイドする「ナビホタル」

「ナビホタル」イメージ

呼出を受けると通話ボタンの緑色LEDが点滅します。

通話中は解錠ボタンの黄色LEDが点滅します。

操作するボタンの順番を光の点滅で教えてくれる「ナビホタル」機能を採用。お子様からシニアまで、どなたでも簡単に操作できます。

ワンタッチで簡単「ズーム&ワイド切替」

「ズームワイド切替え」イメージ

画面を拡大したい時はボタンをワンタッチするだけ。顔をしっかり確認したいときに便利です。

※エントランス(集合玄関機)の広角映像イメージです。
※本機能は集合玄関機の映像のみ可能。

解錠後の消し忘れを防ぐ「自動終話」

オートドア解錠後、修了ボタンを押さずにお迎えしても、自動で待受け状態に戻ります。

解錠後は自動的に待ち受け画面に。終了ボタンを押し忘れても、室内の音が不用意にエントランスに漏れるのを防ぎます。

※解錠後の自動終話時間は、2秒/5秒/10秒/なしから選べます。

※モニターなし親機、GBM-2Aは解錠後の自動終話時間は10秒固定となります。

居住者と管理員をつなぐ「管理室親機」の設置が可能

管理室親機GBX-MK(各住戸への呼出、各住戸からの警報受信)

40戸以上の中規模マンションなど、管理室を備える物件にも対応。居室への緊急呼出し、居室からのセキュリティ警報移報のほか、荷物一時預かり対応などの連絡にも最適です。

オーナー邸には「モニター付子機」の追加も可能

カメラ付玄関子機GB-DA、モニター付親機GBM-2MK、モニター付子機GBM-2H

※モニター付子機(GBM-2H)は、モニター付親機(GBM-2MK)との接続のみ可能。

※画面ははめ込み合成です。

※仕様・デザイン等は予告なく変更する場合があります。

カタログダウンロード

PATMO(パトモ) カタログ
PATMO(パトモ) カタログ  pdf (PDF:4.7 MB)

オプション情報、製品一覧、システム系統図例など、詳細情報については、本カタログをご参照ください。