介護業務記録システム Notener(ノートナー)

介護業務記録システム Notener(ノートナー)記録作業を効率化する、介護業務のパートナー。

よりそいふれあえる、やさしいケアサービスへ。

介護業務記録システム「Notener(ノートナー)」は、介護業務の記録作業を簡略化するシステムです。
日々現場で忙しい介護スタッフの抱える「記録作業時間」の問題を改善し、今よりも利用者様に寄り添える時間が増えてケアサービスの質向上と、スタッフ間の情報共有が可能になります。
ぜひ導入を検討していただき、労働環境の改善とスタッフのモチベーションアップを目指しましょう。
さらに「Notener」なら、記録データをもとに様々な指標での分析が簡単にでき、組織運営の効率化に貢献します。

介護記録、介護イメージ

介護施設の現場課題を解決

介護の現場で聞かれる問題や悩み

新しく担当となった利用者様の介護内容を確認したい。 (28歳 女性)

手書きでメモしているため、記録内容の質にバラつきが生じる。 (36歳 女性)

日勤、夜勤の引継ぎが難しい記録内容の個人差が激しい。 (41歳 女性)

記録にかける時間を短縮し、利用者様と接する時間を増やして、満足度を上げたい。 (33歳 男性)

記録業務の作業時間は個人差があり、働き方に差があると、スタッフ間で不満を感じている。 (40歳 男性)

施設全体で利用者様の情報をタイムリーに共有したい。 (31歳 女性)

看護師・医師とグラフで情報共有し、ケアサービス改善の検討材料にしたい。 (52歳 男性)

ひとつの事象や職種の意見によってアセスメント内容が左右されがち。 (47歳 女性)

スタッフの悩みをNotenerで解決!

  • 複数の帳票に同時に記録できるので転記不要
  • タブレットでいつでも簡単入力
  • 毎日の予定を見ながらケアができる
Notener導入によるスタッフのメリット。いつでも簡単入力、時間削減、情報共有

スタッフのメリットは、管理者のメリットになる

  • 記録作業による残業時間の削減で効率的な組織運営
  • スタッフの業務改善や記録データの解析によるケアサービスの質向上
  • アセスメントによる評価ができる
Notener導入による管理者のメリット。効率的な組織運営、サービスの質向上、アセスメントによる評価

Notenerを活用した業務の流れ

1.介護スケジュールの作成

ケアマネージャー、介護スタッフリーダーによる入力作業

計画・入力
2.実施した支援業務を入力

介護スタッフが日々利用者様の状態を管理

実行・入力
3.スタッフ間の情報共有

情報共有しスタッフのコミュニケーションを深める

申し送り・入力
4.介護データの分析、会議に活用

全体でミーティング時タブレットにてわかりやすく説明

データ検証

検証結果は「1.介護スケジュールの作成」に活用します。

タブレットによる記録時間の短縮

タブレットを活用し、リアルタイムに記録を入力する事で業務時間を短縮し、転記業務もなくなります。

タブレット操作イメージ

4ステップで入力完了

ステップ1
メニューの「支援記録」を選択

タブレット画面イメージ

ステップ2
利用者名を選択

タブレット画面イメージ

ステップ3
記録する項目を選択

タブレット画面イメージ

ステップ4
項目を選択し、登録完了

タブレット画面イメージ

主な機能

  • 施設情報の登録

    事業所、グループ、職種、職員、支援業務の選択項目、ヒヤリハットの発生場所・区分、など

  • 利用者情報の登録

    利用者情報の登録、ルーチン化された支援業務、ルーチン外の支援業務の登録、利用者様ごとの支援加算項目、ID目標管理、退所・再入所の設定、など

  • 介護業務の記録

    実施した支援業務、申し送り事項、業務日誌、ケース記録、ヒヤリハットの記録、苦情相談対応記録

  • 介護業務記録の確認、分析

    食事水分量、排泄、入浴など分類ごとの支援業務の実施確認、月次での加算項目算定要件の処理状況確認、ヒヤリハット発生回数の集計、アセスメントに基づく分析

  • 帳票の印刷、出力

    利用者情報や介護業務の一括印刷や出力機能

  • ナースコールシステム Vi-nurse(ビーナース)との連携

    Notenerに登録されている利用者情報をナースコールに自動登録。
    呼出時に支援業務の支援ケースに「ナースコール対応」が自動登録。
    ナースコールの対応履歴を呼出時間別、呼出種別毎に集計しグラフ化

お客様の「課題」を解決するための導入コンサルティング

本システムの導入にあたり、現状の課題を明確化した上で、システム導入計画からNotenerの運用方法、今後の改善提案までコンサルティングを実施することで、お客様の抱えている課題を解決するお手伝いをさせていただきます。

  • 業務で活用するための運用支援
  • ソフトウェアを活用できるスタッフの育成
  • 蓄積されたデータの活用術
  • ネットワーク環境の整備
  • タブレットを活用した業務効率化のご提案
導入コンサルティングイメージ
介護現場で働く皆様の情報サイト 「Dearie(ディアリー) あしたの介護へ」

皆様の疑問や悩みに対するちょっとしたヒントやトレンド情報を発信しているサイトです。
お役に立てるように幅広い情報を発信していきますので、ぜひご覧下さい。

Dearieあしたの介護へ