アイホン 総合カタログ2016-2018
182/716

■緊急地震速報とは緊急地震速報の活用による地震被害の軽減が期待されています。■名称区分緊急地震速報は地震の発生直後に、震源に近い地震計でとらえた観測データを解析して震源や地震の規模(マグニチュード)を直ちに推定し、これに基づいて各地での主要動の到達時刻や震度を推定し、可能な限り素早く知らせる情報です。緊急地震速報は、地震動の予報及び警報に位置づけられます。使用名称概 要「緊急地震速報(警報)」または「緊急地震速報」「緊急地震速報(予報)」地震動警報。最大震度5弱以上の揺れが予想されたときに、強い揺れが予想される地域に対し地震動により重大な災害が起こるおそれのある旨を警告して発表するもの。地震動予報。最大震度3以上またはマグニチュード3.5以上等と予想されたときに発表するもの。資料 : 気象庁ホームページ「緊急地震速報について」 http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/EEW/portal/index.htmlお 願 い◆緊急地震速報(予報)について (1)内陸直下型地震や、震源に近い地域は到達時間差がほとんど無いため、緊急地震速報が強い揺れの到達に間に合わないことがあります。 (2)観測点への何らかの強い震動の入力や事故・落雷・機器の障害等により誤報を発信する可能性があります。 (3)地震が到達するまでの時間は(1~数秒程度の)誤差が生じる場合があります。 (4)推定震度は(震度1程度の)誤差が生じる場合があります。 (5)深発地震(震源が深い地震)では、推定震度の誤差が大きくなる場合があります。◆ネットワーク・機器について (1)ネットワークの通信障害時に気象庁より緊急地震速報があっても、通報されないことがあります。 (2)機器の性能に関る事項  ①緊急地震速報と火災警報等他の警報が同時に発生した場合は、火災など、ほかの警報が優先されます。  ②機器が故障している間に発生した緊急地震速報は受けられません。  ③通信障害が発生した場合、通信障害が復旧するまでの時間帯は緊急地震速報を受けられません。 (3)起動震度設定により、地震が発生しても緊急地震速報を住宅情報盤でお知らせしない場合があります。 (4)停電時は緊急地震速報を受けられません。サービスのご利用にあたって本サービスをご利用いただくには、機器の設置以外に、インターネット回線などの契約や当社が別途定める規約に基づいたご契約が必要となります。また、これに伴う月額の利用料金が発生いたします。アイホンのマンション向け緊急地震速報(予報)      の特長常に電源ON。いつでも受信できる安心感があります。「予測震度」「予測到達時間」を音声で通報します。保守契約でさらなる安心をお届けします。※1:制御装置のROM設定が必要です。※2:インターネット回線などの契約や当社が定める  規約に基づいたご契約が必要となります。  また、これに伴う月額の利用料金が発生いたします。火災などセキュリティ警報を受信するインターホンで、緊急地震速報(予報)を受信。アイホンなら機器の状態も自動チェックしているので安心です。365日24時間休むことなく稼動し続ける設備だから、保守・メンテナンスも大切な要素です。アイホンでは保守契約により、定期点検やシステムトラブル時の駆け付けサービスなどを行っております。住宅情報盤、制御装置などの設備はそのまま活用できます。※1緊急地震速報受信機と制御装置を接続することで、緊急地震速報(予報)対応にシステムアップできます。※2どのくらいの揺れがいつ来るのかがわかれば、心の準備ができるので、身の安全を確保したり火元の始末などをすることができます。気象庁/(一財)気象業務支援センター配信事業者インターネット緊急地震速報(予報)サービス(VIXUS 1Pr)特別賞住宅情報盤緊急地震速報受信機制御装置集合玄関機オートドアエレベーター非常放送設備1703VIXUS 1Pr集合集合住宅システムご選択にあたって24567891011121DASH WISM 7DASH WISM 一体盤DASH WISM GP自火報設備機器ワイヤレス呼出システム小規模マンション・アパート向けシステム集合住宅 Renovestらくタッチ保守メンテナンスについてVIXUS

元のページ 

page 182

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です