アイホン 総合カタログ2018-2020
358/744

システム特長(親機)物品管理(一覧)画面環境音設定画面物品管理(詳細)画面AEDボックス開扉火災発生※環境音はオンキヨー&パイオニア(株)サウンドシステムACCOの音源を使用。液晶表示灯ハンディナース(PHS)スマートフォンオーダリング/電子カルテシステムサーバーナースコールサーバーまたはナースコール親機夜間時間の設定(ユニット単位)により、夜間の呼出音量・通話音量を自動的に下げることができます。呼出音の鳴動回数を変えることも可能です。ナースコールの呼出音は患者さんごとまたは一括で設定できます。他の患者さんと呼出音を変えることで対応がスムーズになります。また呼出種別やチーム別で呼出音を設定することもできます。火災発生時、避難の介助が必要な担送・護送の患者さんを自動表示します。環境音を5種類内蔵。スタッフステーションの親機や共用部のスピーカーから流すことにより、ストレスフリーな環境を創ります。※呼出や放送の際は、一時停止します。システム内で、同時に最大24組の通話ができます。制御装置1台に対して、8ユニット(最大数)とした場合も話中を気にせず安心してご使用になれます。※スマートフォン、ハンディナース(PHS)は、それぞれのシステムの通話路数に依存します。オプション(センサー)コンセントに接続するセンサー類やオプションコード、マルチハートコール、IPカメラ、ワイヤレス呼出ボタンの接続台数を一覧で表示します。詳細画面では、どのベッドに接続されているかが分かるので病室間で共有する備品の使用場所がすぐに特定できます。オーダリングシステム・電子カルテシステムからリアルタイムに患者情報を反映します。患者情報の入力、転記作業が不要なので、患者さんの取り違いがなくなり業務の軽減につながります。※院内情報システムとの連動は、PCナースコールサーバーの導入が必要です。医師によるオーダー変更を受け、アラート情報を受けると、お知らせ音とともにメッセージを表示。スマートフォンやハンディナース(PHS)にも知らせます。※院内情報システムとの連動と、PCナースコールサーバーの導入が必要です。夜間自動音量調節24種類の呼出音自動火災報知設備連動環境音機能AED設備連動生体情報モニタ連動話中の少ない24通話路対応物品管理機能院内情報システム連動オーダーアラート施設内のAED収納ボックスの扉が開いたときにお知らせします。業界最多業界最多業界最多業界最多患者さんの急な体調の変化に対応できます。アラーム時はベッド番号、アラーム種別を親機やスマートフォン、ハンディーナース(PHS)へ知らせます。※連動用接続キット(NFW-FD-KIT/NFW-PM-KIT)または連動アダプター(NLX-PMAD-P)(ともに別売)が必要です。*当社調べ(2018年3月現在)*当社調べ(2018年3月現在)**業界初業界初*業界初業界初**当社調べ*当社調べケア3NFXシステム5センサー・マグネットマーク8ナースコールRenovest7連絡システム10緊急通報装置9FAGUS12保守メンテナンスについて11介護業務記録システムNotener6ハンディナースシステム4ハンディナース対応個別線式ナースコール2Vi-nurse1ナースコールシステムご選択にあたって346

元のページ  ../index.html#358

このブックを見る