アイホン 総合カタログ2016-2018
360/716

システム特長(親機)親機でカメラ映像を表示面会に来ました601602603モニター選択画面放送選択画面ベッド選択画面ハンディナース チーム呼出選択画面通話を終了するときは、終了ボタンを押してください。病棟入口通話中面会時間が終了します。手術後など、状態監視が必要な患者さんなどに使います。 ①個別モニター:特定の患者さんが対象(IPカメラ:映像表示可) ②スキャンモニター:複数の患者さんを自動で切り替える  (IPカメラ:映像表示可) ③同時モニター:同時に複数のベッドを聴取  (IPカメラ:映像表示はなし)患者さんや看護師さんなどを呼び出したい場合に使います。 ①個別呼出:該当のベッドを選択、またはベッド番号を入力。 ②ハンディナース選局呼出:ハンディナース番号を入力。 ③ハンディナースチーム呼出:該当のチームを選択。 ④親機呼出:該当の親機を選択。出入口に設置したカメラ付玄関子機や共用部のIPカメラ映像も確認できます。親機での通話は、受話器による同時通話のほか、通話ボタンの「押す」「離す」の操作により送話・受話を切り替える交互通話、一度だけ通話ボタンを押せば、自動で送話・受話を切り替えるハンズフリー通話(自動交互通話)に対応しています。ハンズフリー通話は、他の作業をしながら通話することもできます。病室の見守りカメラでとらえた患者さんの映像を表示。患者さんの状態の把握に最適です。※ プライバシー配慮として、映像にモザイクをかけることもできます。患者さんなどに放送する場合に使います。 ①一斉放送:すべての患者さんが対象。 ②チーム放送:同じチームが担当する患者さんが対象。 ③ルーム放送:部屋単位で対象を選択。 ④選局放送:ベッド単位で対象を選択。 ⑤ 共用部アナウンス:共用部のスピーカーへあらかじめ登録された音源を放送。モニター機能呼出機能ハンズフリー通話も可能放送機能業界初業界初*業界初業界初**弊社調べ*弊社調べ3482Vi -nurseケアナースコールシステムご選択にあたって456789101131NFXシステムハンディナース対応個別線式ナースコールナースコール Renovest連絡システムFAGUS緊急通報装置保守メンテナンスについてハンディナースシステム地域包括ケアシステム業務支援ソフトウェア

元のページ 

page 360

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です