アイホン 総合カタログ2018-2020
361/744

システム特長(子機・コンセント)呼出握りボタンハンド型子機   コンセントは下向きにも設置可能呼出握りボタンは脱着可能断線防止機能呼出握りボタン点滴・トイレ介助ボタン呼出は音と光でお知らせ向きを気にせずコンセントに挿せますコンセントは共通仕様常夜灯機能ハンド型子機小型で手にやさしいデザインのハンド型子機・呼出握りボタンハンド型子機ハンド型子機呼出握りボタン呼出握りボタンワイヤレス呼出ボタンワイヤレス呼出ボタンオプションコードマルチハートコールマルチハートコールイメージ液晶表示灯では、プラグ脱落時に対処方法を画面上で分かりやすくナビゲートします。点灯イメージベッドにいる患者さんとの意思疎通をスムーズに。転落・断線などベッドまわりのトラブルを軽減します。患者さんの持ちやすさ、コンセントのハンガーへの引っ掛けやすさにこだわりました。押すだけではなく、握ることでも呼出ができるサイドボタン付です。点滴終了の連絡や、口に出して頼みづらいトイレ介助のお願いをボタンを押すことで伝えられます。患者さんが呼出をかけると状態表示灯が点滅して知らせます。また呼出確認音も聞こえるので患者さんの安心につながります。子機とコンセントの接続部分には、ミニプラグを採用しています。プラグを差し込む際、向きを確認する手間が省けます。ハンド型子機、呼出握りボタン、オプションコード、ワイヤレス呼出ボタン受信機、マルチハートコールは同じコンセントで挿し替えができます。※ハンド型子機を接続した場合は、ハンド型子機側のスピーカー/マイクのみ機能します。点灯の有無をベッドごとに決められる個別設定や、夜間の消灯時間に合わせて点灯できるタイマー設定で、患者さんに合わせた使い方が可能です。コンセントを下向きに設置する場合、ハンガーが可動式になっているので、ハンド型子機などを引っ掛けることができます。ハンド型子機には、患者さんの状態に合わせて呼出握りボタンやワイヤレス呼出ボタン受信機、マルチハートコールが接続できます。無理な力がかかると、プラグに大きな負担をかけずにそのまま抜けます。ベッド移動などで発生する、子機を引っ張ることによる断線故障を防ぎます。中継コードでさまざまな方向への引張りにも対応。スピーカー滑り止めプラグプラグマイクコンセント受話音量切替スイッチ呼出ボタン(常夜灯/状態表示灯)点滴ボタン(NLR-8-TTのみ)トイレ介助ボタン(NLR-8-TTのみ)呼出ボタン(握り部)呼出ボタン(常夜灯/状態表示灯)滑り止め*当社調べ*当社調べ業界初業界初*業界初業界初*ケア3NFXシステム5センサー・マグネットマーク8ナースコールRenovest7連絡システム10緊急通報装置9FAGUS12保守メンテナンスについて11介護業務記録システムNotener6ハンディナースシステム4ハンディナース対応個別線式ナースコール2Vi-nurse1ナースコールシステムご選択にあたって349

元のページ  ../index.html#361

このブックを見る