アイホン 総合カタログ2016-2018
575/716

地域包括ケアシステム業務支援ソフトウェア対象機器支援業務業務を行った時点でタブレットをタッチして、記録する項目を選択・入力業務を行った時点でタブレットをタッチして、記録する項目を選択・入力業務を行った時点でタブレットをタッチして、記録する項目を選択・入力支援業務シフト決定支援業務請求事務労務事務会計事務ケアプラン作成介護報酬改定による影響と弊社からのご提案「地域包括ケアシステム」の実現に向けて、2015年度(平成27年度)の介護報酬改定は、中重度の要介護者や認知症高齢者への対応のさらなる強化、介護人材確保対策の推進、サービス評価の適正化と効率的なサービス提供体制の構築を基本的な考え方として行われました。介護職員処遇改善加算が拡大される一方、各サービスの報酬・基準が見直され、全体の介護報酬改定率は▲2.27%(うち在宅分▲1.42%、施設分▲0.85%)となり、業務改善をはじめとした施設運営のコスト削減が課題になっています。これらを踏まえて弊社は、記録入力の効率化により業務時間の短縮につながる記録支援ソフトウェアをはじめとして、今後の介護現場のIT化を推進するソリューションをご提案いたします。IT化する記録内容(構想)①入居者名簿② 入居者台帳(生活歴・病歴・薬剤・居宅利用状況・処遇関連情報等)⇒他職種連携に活用③入居者の処遇に関する計画④処遇日誌今後目指すべき介護施設における記録業務(イメージ)本部機能などで各施設の1日・1週間・1ヶ月の介護計画を一括して作成。請求に至る業務実績の日常的な確認が可能となり、加算請求の判断や、サービス提供体制の改善ポイントを見出しやすくなる。入力すべき項目を提示することで、業務実績やアセスメント、実務のエビデンスとして充分な内容の記録を促せる。関連事項を抽出して、会議資料の作成も自動化。⑤献立その他食事に関する記録⑥健康管理に関する記録⑦身体的拘束にかかわる記録⑧苦情にかかわる記録⑨事故の記録⑩ヒヤリハットの記録⑪職員勤務実録の記録⇒配置基準⑫加算にかかわる記録⑬ナースコール呼出履歴⑭トイレ誘導記録⑮食事状況⑯睡眠状況※現在開発中のためイメージです。ソフトウェア仕様は予告無く変更する場合があります。56310地域包括ケアシステム業務支援ソフトウェアケアナースコールシステムご選択にあたって24567891131NFXシステムハンディナース対応個別線式ナースコールナースコール Renovest連絡システムFAGUS緊急通報装置保守メンテナンスについてハンディナースシステムVi -nurse

元のページ 

page 575

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です