アイホン 総合カタログ2016-2018
584/716

劣化診断のおすすめずっと安全に、もっと安心にインターホン設備(システム)をお使いいただくために…既設のインターホン設備(システム)の更新について● 病院用・高齢者施設用インターホンM診断対象 : 主要電子部品寿命期(7年)以上ご使用いただいている設備。主要インターホン設備(システム)おおよその更新期間12年*上の主要設備(システム)の記載年数は、設置後の更新を必要とするおおよその期間であり、品質保証・修復対応等の期間ではありません。病院用・高齢者施設用インターホンシステム主要インターホン設備(システム)の更新期間 近年、設備(システム)は高度化・複雑化され、日ごろの保守・点検をもってしても他の設備機器と同様、その機能と性能の信頼性の維持には、経年的な限界を避けて通ることはできません。 更新期間が遅れると不測の事態を招くおそれがあり、設置後の一定期間を経過したときに設備(システム)の更新をしていただくことが望ましくなります。 主要インターホン設備(システム)設置後の更新期間と有寿命部品推奨更新年数の目安について、右記のように設定されています。病院用・高齢者施設用インターホン設備(システム)メンテナンスと劣化診断竣工 1年 2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9年 10年 ~ 12年 ~ 15年項目年数日常点検部品・故障修理設備の更新年1~2回日常的に電子部品寿命期定期点検劣化診断消耗部品(電池など)の交換定期交換部品(パソコン・UPSなど)の交換導入時 ライフサイクルコストの検討更新準備/更新完了〈(一社)インターホン工業会広報資料より抜粋〉保守メンテナンスについて対象部品・ユニット更新年数の目安スイッチング電源4年UPS(無停電電源装置)本体6年UPS(無停電電源装置)電池3年CRTディスプレイ4年LCDディスプレイ5年パソコン本体5年ハードディスク3年フロッピディスクドライブ5年冷却ファン(UPS用を含む)3年プリンタ5年*右表は、各部品・ユニットのグレード、使用条件、システム構成状況、等によって変動するため、おおよその交換時期を示すもので、この期間の動作を保証するものでは有りません。有寿命部品推奨更新年数の目安57211保守メンテナンスについてケアナースコールシステムご選択にあたって24567891031NFXシステムハンディナース対応個別線式ナースコールナースコール Renovest連絡システムFAGUS緊急通報装置ハンディナースシステムVi -nurse地域包括ケアシステム業務支援ソフトウェア

元のページ 

page 584

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です