アイホン 総合カタログ2016-2018
624/716

構内のどこにいるかわからない相手を呼び出したり、一斉放送ができます。(専用ページングアンプ、スピーカー使用時)インターホンで呼出・放送既設のアンプ、スピーカーを利用することもできます。既設アンプ、スピーカー対応呼出・放送以外に、BGM装置を使ってBGMを流すこともできます。BGM装置対応■ページングの種類と適合アダプターの一覧■ページングどこにいるのかわからない相手を呼び出したり、一斉放送ができます。コミニカインターホン●(PD-2が必要)●(PD-2が必要)●(YAW-RBが必要)共通線式同時通話インターホン90局用■トークバックページング呼出・放送後、相手の返事が天井スピーカーを通じて、受話器から聞こえます。■ブロックページング部署単位、フロア単位への連絡ができるブロック別のページングです。最大ブロック数局数一室内機10●PD-2が必要1ブロックに1個●PD-2が必要1ブロックに1個●YAW-RBが必要1ブロックに1個■ブロックトークバックページング特定ブロックに呼出・放送すると、呼び出した相手の返事が天井スピーカーを通じて、受話器から聞こえます。最大ブロック数局数一室内機10■PD-2注意事項ページングのために、アダプター1台(1系統)につきインターホンの呼出通話局を1局使用します。この為、インターホンとしての呼出・通話局数が減少します。拡声アンプの出力ラインは70Vまたは100Vの定電圧出力端子を使用し、スピーカーはそれぞれラインに並列に接続してください。スピーカーラインの配線は拡声アンプの入力線およびBGM演奏装置の出力線に近づけないでください。またインターホンシステムのラインとは50cm以上離してください。近接するときは2芯シールド線を使用してください。拡声アンプの入力端子はAUX端子を使用することをおすすめします。PHONO端子を使用するとページングおよびBGMの音質が低下します。(RIAA補償回路内蔵などのため)PHONO端子しか使用できないときは、ページングアダプターの音質調整を行ってください。インターホンシステムの配線経路の中央位置に電源アダプターとともに設置してください。ただし、本機と電源アダプターは近づけないでください(20cm以上はなす)。誘導雑音発生の原因となります。OA機器、テレビ、ラジオなどの近くに設置すると雑音が入るので設置場所に注意してください。トークバックページングを行うときのスピーカーの接続負荷容量は50W以下にしてください。●●●●●●●【ページングアダプター】特長【ページングアンプ】【ページング用スピーカー】対応:コミニカインターホン対応:共通線式同時通話インターホン90局用ページングシステムMG+-■接続図例 (PD-2)n+-C+-VVASSページングアダプターPD-2ページングアンプBGM装置シールド線出力シールド線スピーカースピーカーインターホン親機TD-nH/B電源アダプターPS-1225Aスピーカーライン(70V・100V)新商品新商品2016年6月発売トークバック付アダプターPD-2希望小売価格12,300円(税別)ページングアンプ・10WPG-10C希望小売価格29,800円(税別)ページングアダプターYAW-RB希望小売価格60,500円(税別)天井埋込型スピーカーNDB-SP-C3希望小売価格8,050円(税別)ボックス型スピーカーSP-33T3希望小売価格12,000円(税別)cP.606 参照cP.610 参照トランペット型スピーカーCT-151o希望小売価格8,500円(税別)※日本電音㈱製612ビジネスビジネス1

元のページ 

page 624

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です