アイホン 総合カタログ2016-2018
625/716

ページングボタン■仕様PD-2電源電圧消費電流出力インピーダンス/レベルMUSICPASING適合ページング(拡声)アンプトークバック・スピーカー周囲暗騒音トークバック・スピーカー受信電圧利得適合BGM演奏用機器形状材質質量色調20mA(ページング)/48mA(トークバック)5kΩ/1.5V(RMS)、1kHz(最大)80dB(ホーン)以下据置・壁取付両用トーンコントロール特性……低音100Hz、高音10kHzにて偏差値約12dB適合スピーカーライン……70Vまたは100V定電圧出力ラインライトセージグレー入力インピーダンス/レベル……600Ω/0.3V(RMS)、1kHz(出力最大時)DC12V……インターホンシステムから供給約460g亜鉛メッキ鋼板40dB以上トーンコントロール特性……低音100Hz、高音10kHzにて偏差値約12dB入力インピーダンス/レベル……20kΩ/0.3V(RMS)、1kHz(出力最大時)AUXまたはPHONO(100k~500kΩ/0.12~1.5V)の入力端子を有し、100V、70Vいずれかの定電圧出力ラインを有する一般拡声アンプ(市販品)出力(10kΩ以下/0.1~1.2V)を有するAM、FMチューナー、出力(600Ω/0.1~1.2V)を有するBGM用テーププレーヤー(市販品)形状材質質量色調PG-10C電源電圧消費電力消費電流出力負荷インピーダンス周波数特性AC100V 50/60Hz20W410mA10Wハイインピーダンス 1kΩ平衡ローインピーダンス 8Ω平衡ABS樹脂約2.2kgホワイト据置・壁取付型100Hz~10kHz±3dB(1kHz基準)形状材質質量色調NDB-SP-C定格入力定路インピーダンス出力音圧レベル再生周波数帯域使用スピーカー本体:ABS樹脂、ネット:ラスφ120ダイナミックコーンスピーカー120Hz~15kHz(偏差20dB以内)92dB約570g天井埋込型3W3.3kΩ(3W)、10kΩ(1W)本体:ホワイト、ネット:グレー形状材質質量色調SP-33T定格入力定路インピーダンス出力音圧レベル再生周波数帯域使用スピーカー及びボイスコイルインピーダンス3W91dB(1m1Wにて)壁取付型φ16cmダイナミックコーンスピーカー150Hz~12kHz(偏差20dB以内)8Ωキャビネット:アイボリー、バッフル:グレー3.3kΩ(3W) 5kΩ(2W) 10kΩ(1W)2.3kgキャビネット:木製、バッフル:ジャージネット張■各部の名称・寸法図(mm)■操作■取付寸法(mm)コミニカインターホンの場合共通線式同時通話インターホン90局用の場合PG-10CPG-10C160240709113851.515215859NDB-SP-CSP-33TSP-33TPD-2PD-2YAW-RB957.5φ180215214110150290350(正面)(正面)ページング高音・音質調整器ページング低音・音質調整器ページング音量調整器BGM高音・音質調整器BGM低音・音質調整器BGM音量調整器バック音質調整器雑音消去調整器局番設定スイッチページング予告音量調節器音量調節器(プレート内)電源スイッチ電源表示灯(緑)受話器をとり、ページングまたはトークバックページング用に指定されている選局ボタンを押します。受話器をとり、  を押してアダプター局番を押します。ページングボタンを押しながら放送します。ページングボタンを押したまま放送します。トークバックページングの場合は、相手の声を聞くときページングボタンから指を離します。放送が終わったら、受話器をもどします。TD-24H/Bで13~24番を指定するときは該当の選局ボタンを押した後に「CALL A」ボタンを押します。放送が終わったら、受話器をもどします。アダプター局番スピーカーから放送が流れます。(拡声アンプのライン電圧)各スピーカーの出力配分はインピーダンスマッチングにより設定してください。(拡声アンプの出力W)-(スピーカー入力Wの合計)補償抵抗値=品 番SP-33TNDB-SP-Cインピーダンス定格入力3W5.0kΩ※10.0kΩ3.3kΩ●●●(Ω)拡声アンプ出力スピーカー入力拡声アンプ出力100Vライン3W2W1W1.5W1.0W70Vライン0.5W2■PD-2 インピーダンスマッチングの設定について拡声アンプ出力が100Vまたは70Vラインの場合・スピーカー入力の合計W数が拡声アンプのW数に等しくなるように取付台数を決めてください。  (ただし、スピーカー入力最大W数は50Wまでです。右表を参照して計算してください。)・スピーカーは並列に接続してください。スピーカー入力合計W数が拡声アンプ出力W数より大きい場合、または50Wを超える場合・スピーカーの取付台数を減らしてください。スピーカー入力合計W数が拡声アンプ出力W数より小さい場合・次の計算式によって、余裕分だけ消費する補償抵抗値を求めてラインに並列に接続してください。※SP-33Tのみ機器中心機器中心機器中心機器中心(50×70)83.54646(140)( )は開口寸法を示す(70)83.5機器中心50505050機器中心67.5φ12φ511.5321CALLCALL A126ページングシステム613ビジネスビジネス1

元のページ 

page 625

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です