アイホン 総合カタログ2016-2018
660/716

集合住宅システムの選択特例の適用表省令適用できず開口部4m2以下YESNO*1開放型適合二方向避難型適合YESYESNONO非常警報設備の対象外非常警報設備(令第24条)省令適用できず延べ面積500m2以上NO住宅用火災警報器等の設置共同住宅等YES適用範囲か※建築構造上要件右記参照NOYESYES収容人員50人以上NO5階建て以下の共同住宅15階建て以上の共同住宅11~14階建ての共同住宅6~10階建ての共同住宅構造類型規模*3二方向避難・開放型特定共同住宅等二方向避難型特定共同住宅等の基準及び開放型特定共同住宅等の基準の双方に掲げる要件を満たすもの。11階以上共同住宅用スプリンクラー設備全階共同住宅用自火報設備10階以下共同住宅用自火報設備内装制限等実施せず*2内装制限等 実施*2開口部面積4m2以下など●屋内消火栓設備(共同住宅用スプリンクラー設備設置階は免除)●誘導灯及び誘導標識10階以下11階以上共同住宅用スプリンクラー設備共同住宅用自火報設備*1二方向避難型特定共同住宅等二以上の異なった避難経路(避難上有効なバルコニーを含む。)を確保していると認められるもの。●屋内消火栓設備●誘導灯及び誘導標識開口部面積4m2以下など全階●屋内消火栓設備(共同住宅用スプリン クラー設置階は免除)●誘導灯及び誘導標識●屋内消火栓設備(共同住宅用スプリン クラー設置階は免除)●誘導灯及び誘導標識●屋内消火栓設備●誘導灯及び誘導標識共同住宅用自火報設備*1全階共同住宅用非常警報設備住戸用自火報設備●屋内消火栓設備●誘導灯及び誘導標識開口部面積4m2以下など*1全階共同住宅用非常警報設備住戸用自火報設備*1【開口部面積】住戸等と共用部分との間の開口部(窓・出入口等)の合計が4m2以下(共用室は8m2以下)で1つの開口部が2m2以下であるもの。*2【内装制限等(11階以上の場合)】住戸および管理室の壁等が不燃または準不燃材である場合。共用室の壁等が不燃あるいは準不燃材で、共用室とその他の部分の開口部が、規則第13条第1項第1号口の規定に適合し、規則第13条第1項第1号ハの規定に適合する防火戸が設けられている場合。*4*4*4*4*4総務省令第40号による設置基準総務省令第40号による設置基準648放送(ページング)機能について参考2456731家電・量販防犯優良マンション認定制度通達距離算出グラフ互換表ホームテレホン省令40号概要

元のページ 

page 660

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です