IPネットワーク対応インターホン IXシステム

導入ケース

大型商業施設(出入口応対・転送システム)

  • 多数の出入口や併設駐車場・駐輪場などからの呼出を、事務所で一元管理。エリアごとにシステムを分けずに構築できます。
  • 営業時間外など事務所不在時は、防災センターへ呼出を自動転送します。
  • 端末台数が多くても音声メッセージでどこからの呼出かお知らせできるので、スムーズに応対できます。

高速道路料金所(料金事務室- 料金ブース間連絡システム+ 放送設備・監視カメラ)

  • 料金事務室とインターチェンジの料金ブース間で内線連絡ができます。
  • インターホン、放送設備、監視カメラシステムを統合して一元化できます。
  • 放送設備と連携することにより、料金事務室から料金ブース内外や事務所棟内へ、緊急時の放送が可能です。

消防署(消防署 - 本部間連絡システム)

  • 近隣の所轄消防署と遠方の消防本部への通報手段を一元化できます。
  • 消防署員の不在時は、通報を離れた消防本部へ自動転送。通報者の顔を見ながら的確な応対ができます。
  • 他社製録画システムとの連携により、通報者映像の録画が可能です。

無人駅(駅間連絡システム + 監視カメラ)

  • 無人駅の券売機、精算機、改札付近、ホームなどからの呼出に、離れた有人駅で映像を見ながら応対できます。
  • 表示灯と連携することにより、多目的トイレからの緊急呼出を光と音で周囲に知らせます。
  • 他社製録画システムとの連携により、カメラ付ドアホン端末の映像を常時録画。不審者の姿などもとらえます。