DASH WISM7α(ダッシュウィズムセブン アルファ)

便利な機能とシンプルなデザインで操作が簡単。

性能を最大限に発揮できる、すぐれた操作性もDASH WISM7αの大きな特長です。
便利で多彩な機能をスムーズに使いこなすことができるインターホンを追求しました。

点滅で次の操作を教えてくれる「ナビホタル」

次に操作するボタンを光の点滅で教えてくれる「ナビホタル」機能を採用。よく使う[通話][解錠][終了]ボタンは本体に大きく配置しました。

1

呼出があると[通話]ボタンが点滅。押すと通話できます。

2

通話が始まると解錠ボタン(鍵マークのボタン)が点滅。押すとオートドアを解錠できます。

3

最後に[終了]ボタンを押します。

和英表記

操作ボタンは日本語と英語を併記することで、外国人の方でも、迷わず操作していただけます。

※画面表示は日本語のみとなります。

和英表記例

「お知らせ」ボタンで留守中の情報を確認

留守中の来訪者の録画画像や、管理室からのお知らせを受信した時などは、[お知らせ]ボタンが点滅。録画画像や各種お知らせは、ボタンを押すだけで順番に確認できます。

画面表示例

解錠したら自動的に通話を終了

オートドア解錠後に[終了]ボタンを押し忘れても、一定時間を過ぎると自動的に通話を終了。室内の声がエントランスに漏れるのを防ぎます。

※自動で通話が終了するまでの時間は、2秒/5秒/10秒の中から選んで設定できます。

オートドアを解錠して、「終了」ボタンを押さずにいても、自動で待受状態に戻ります。

「留守応答」ボタンで不審者対策

来訪者に応対したくない時や対応できない時は、留守メッセージを流すことによって避けることができます。留守メッセージは、あらかじめ選択することができます。

「留守応答」ボタンを押すと、エントランスの集合玄関機と住戸玄関子機からメッセージが流れます。

通話せずに解錠できる「ダイレクト解錠」

通話しなくても画面を確認するだけでエントランスのオートドアを解錠できます。ご家族の帰宅時や親しい人の訪問時に便利です。

呼出に対して直接解錠が可能です。

「逆光補正」で見やすい画面に

画面に映る来訪者の顔が逆光で判別しにくい時は、「逆光補正」で見やすく補正。暗くて見にくかった来訪者の顔もしっかり確認できます。

逆光補正イメージ

※画像はイメージです。
※カメラ付玄関子機のみの機能です。

※画面ははめ込み合成です。

※仕様・デザイン等は予告なく変更する場合があります。

カタログ

DASH WISMシリーズ カタログ
DASH WISMシリーズ カタログ
PDF:10.5 MB

オプション情報、製品一覧、システム系統図例など、
詳細情報については、本カタログをご参照ください。