ROCOタッチ7

タッチパネル式テレビドアホン ROCOタッチ7

守られているから安心。
充実のシステムで細心のセキュリティを実現。

誤検知を低減させ、人物を検知するトリプルセンサー

「人物検知」と「2つのパッシブセンサー」のトリプルセンサーで誤検知を減らし、セキュリティ性を高めます。市販の外部センサーの接続も可能。現場に合わせて最適なセンサーの組み合わせを設定できます。

センサーライトカメラ

人物検知

画像処理による人物検知

撮影範囲内の動きの変化を検知する人物検知は、人以外のものに反応しにくい独自の画像処理技術により誤検知を低減します。

画像処理による人物検知

設定により、検知部分を枠で表示することができます。

画像処理による人物検知親機画面でのエリアマスキング

検知エリアを制限(エリアマスキング)することにより、検知精度をさらに高めます。

エリアマスキング

エリアを8コマ×8コマの64コマに分けた、細かいマスキングが可能。

2つのパッシブセンサー

赤外線で温度変化を検知するパッシブセンサーを2つ搭載することにより、虫や小動物などの誤検知を低減し、検知の精度を高めました。

パッシブセンサー検知イメージ

常夜灯モードで夜間のセキュリティを強化

常夜灯モードを設定すれば、暗くなると照明が点灯し、夜間のセキュリティ強化に役立ちます。

常夜灯モード

24 時間365日、カメラが常時動作しているためプレ録画も可能

センサーライトカメラのセンサーが不審者を検知すると、検知する約2秒前の画像から録画。不審者がライトに反応して逃走しても、その姿を録り逃すことがありません。また、カメラには暗視機能を搭載。夜間、ライト点灯前の0ルクス状態でも不審者の動きをとらえます。

24時間録画、威嚇、プレ録画の紹介
  • 暗視機能で暗闇でも不審者をとらえます。
  • すぐに逃げられてしまっても大丈夫!
    検知2秒前からプレ録画をしているので不審者の録り逃しはありません。

※SDカードへ録画する場合:1件につき最大10秒の動画(4コマ/秒)
※親機本体へ録画する場合:1件につき最大6枚の静止画
※録画件数に関しては、こちら(SDカード)をご覧ください。

センサーライトカメラの発報を室内にも通知

センサーライトカメラが不審者を検知すると、テレビドアホンにカメラの映像が映り、音で家族に異常を知らせます。

※センサーライトカメラからの発報を「警報」に設定した場合。

室内にも発報を通知「ピポピポピポ」

不審者を威嚇・警告

不審者を検知するとライトが点灯して威嚇

センサーライトカメラが人物を検知するとLEDライトが点灯。不審者を威嚇します。

ライトを転倒して威嚇
不審者に威嚇音を鳴らして警告

不審者と判断した場合、手動でセンサーライトカメラから威嚇音を鳴らし、警告することができます。

威嚇音を鳴らして警告「キュインキュイン」

※画面ははめ込み合成です。
※仕様・デザイン等は予告なく変更する場合があります。

ピックアップ

テレビドアホンってなあに? (オオカミと七匹の子ヤギ編)
うちでも取り替えできるの?(インターホン・テレビドアホンの取り替えについて)
アイホンのこだわり
データと事例で見るセキュリティ事情
安否確認機能付テレビドアホン
住宅用火災警報器交換のご案内