ナースコールシステム NFX-LAN

機能・特長:システム機能

システム機能

患者情報が自動で表示されるので万が一の医療過誤の防止に役立ちます

ボード型親機・卓上型親機でも患者情報を自動表示

図:図:ボード型親機・卓上型親機でも患者情報を自動表示、業界初 オーダリング/電子カルテシステム連携時に表示可能な情報

ハンディナースにも患者名を自動で表示

誰から呼ばれたかがすぐ分かり、迅速に対応ができます。

ハンディナースにも患者名を自動で表示

患者情報を活用できるので看護計画の作成に役立ちます

管理用PCを使用することで患者情報の管理ができます。

ハンディナースにも患者名を自動で表示

「チームナーシング」や「プライマリーナーシング」に柔軟に対応

「チームナーシング」や「プライマリーナーシング」といった看護方式にあったハンディナースの呼出設定ができます。担当看護師さんが対応できない場合、一定時間(設定可能)後に他の看護師さんを順次呼び出します。(呼出スライド設定)

チームナーシングの例

図:ボード型親機・卓上型親機でも患者情報を自動表示、業界初 オーダリング/電子カルテシステム連携時に表示可能な情報

プライマリーナーシングの例

図:プライマリーナーシングの例 1.担当看護師Aさんを呼び出します、2.担当看護師Aさんが対応できないとき、チームBの他の看護師さんを呼び出します、3.チームBの他の看護師さんも対応できないとき、チームCを呼び出します

患者さんに優しい機能を充実

患者さんが小さな声でも聞き取れます

通話中の音量を患者さんごとに調節できます。一度設定した音量は記憶しているので何度も設定する必要はありません。

イメージ:患者さんが小さな声でも聞き取れます
夜間のナースコールも静か

親機の勤務帯切替に連動し夜間の呼出音量・通話音量を自動的に下げることができます。

イメージ:夜間のナースコールも静か
優先して呼出を受けられます

呼出が重なったとき、気になる患者さんの呼出を優先して受けられます。

イメージ:優先して呼出を受けられます
保護観察室など、部屋の様子を聞けるから安心です

ナースステーションの親機で複数の患者さんの様子を音声で確認できます。(60局まで:オートスキャン方式)

イメージ:保護観察室など、部屋の様子を聞けるから安心です

看護師さんをサポートする機能が満載

緊急時には、救援が必要な患者さんを表示します

担当看護師さんでなくても、緊急時には親機と廊下灯の表示で一人で歩けない患者さんがすぐにわかります。

イメージ:赤いランプが点灯して、お知らせします。
呼出音で自分の担当かわかります

ナースコールの呼出音を患者さんごとに設定できます。他の患者さんと呼出音を変えることで対応がスムーズになります。またユニット単位でチーム別の呼出音を設定することもできます。

イメージ:呼出音で自分の担当かわかります
呼出種別ごとに異なる呼出音を設定できます

注意の必要な呼出がすぐに分かります。

イメージ:呼出種別ごとに異なる呼出音を設定できます
過去の呼出履歴を、タッチパネルでカンタンに確認

連続して呼出があった後の確認や、さかのぼって履歴が確認できるので便利です(最大100件)。

イメージ:呼出種別ごとに異なる呼出音を設定できます
放送機能も目的に合わせて多様に

全局一斉、選局一斉、チーム単位、ルーム単位での放送に加えて担当の患者さんだけに放送することもできます。また、放送したくない患者さんを除いて一斉放送する選局カット一斉放送もできます。

巡回などでフロアを移動中でも、ハンディナースで呼出に応答できます

画面に呼出元や呼出種別が表示されるので、素早く対応できます。

表示される内容はハンディナース子機により異なります。

※Vi-nurseと他社製PHSが連動できます。連動可能なPHSについては ハンディナースシステムページにてご確認ください。
ハンディナースシステム

写真:NFX-PC・NFX-LANの例、NFXの例
呼出通話

看護師さんが、ナースステーションから離れていても、ナースコールを受けられます。

イメージ:呼出通話 少人数の夜間も安心
ハンディナース間通話

移動中でもハンディナース同士で連絡を取り合うことができます。

イメージ:ハンディナース間通話 ○○さんの処置をお願いします。分かりました。
選局呼出・放送

ハンディナースから各ベッドへ呼出通話・一斉放送ができます。

ルーム単位通話システムの場合は病室または部屋単位の呼出通話となります。

イメージ:選局呼出・放送 お食事の時間です