NFX-LAN 特長

  • 特長
  • システム構成
  • 機器一覧
  • システム機能
  • 子機
  • 廊下灯
  • オプション機能

オプション機能

夜間通用口など出入口のセキュリティ強化ができます。

テレビドアホンモニターで来訪者の映像を確認し、ナースコールで対応できます。

イメージ:夜間通用口など出入口のセキュリティ強化ができます

スタッフルームから電気錠を解錠。扉を閉めたか確認もできます

夜間通用口などの出入口に電気錠を設置すれば、親機やハンディナースで電気錠を解錠できます。
扉を閉めれば自動的に施錠されます。
親機の画面では扉が閉まったか確認する事もできます。

イメージ:スタッフルームから電気錠を解錠。※他社製PBXをご使用の場合は、事前にご確認ください。

徘徊感知装置の反応をナースコールで受けられます

送信機を持った入所者さんが出入口に近づくと徘徊感知装置が感知し、ナースコールへ知らせます。

イメージ:徘徊感知装置の反応をナースコールで受けられます

介護業務支援ソフトとの連携で業務を効率化できます

ナースコールの呼出情報を介護業務支援ソフトで活用、介護業務支援ソフトの入所者情報をナースコールで利用できます。
ナースコール情報を元にしたケース記録を日誌や報告書に連動、申し送りの確認も可能だから、毎日の申し送り漏れを防ぎます。

図:ナースコール情報を有効活用 ナースコールが押された時間をもとに記録が可能。いつ・誰が・どこでナースコールしたのか記録し、管理が可能です。※ただし、利用者情報については、利用者を特定できない場合(トイレからの呼出など)は、取り込めません。ナースコールに対しての対応記録が可能。ナースコールで対応した職員・介護内容を記録することで、履歴管理が行えます。※1 入所者情報の連携はNFX-PC、NFX-LANのみです。