インターホンと別の商品やサービスを組み合わせて価値を創造する。中期経営計画の重点分野をまかされています。

ネットワークソリューション推進部
部長 若林 一磨

国内営業本部内にある「ネットワークソリューション推進部」という、設立4年目の新しい部門の部長を務めています。
ミッションは、「アライアンス(戦略的同盟)を活用した価値向上」。現在の中期経営計画において重点分野に位置づけられているものです。
具体的な活動としては、当社のインターホンにアライアンスを組んでいる企業の商品やサービスを組み合わせて価値を向上させ、販売の機会を増やすという取り組みをしています。
また、そのための仕組みをつくることも私たちの使命です。10名いるメンバーのうち、8名がキャリア採用。ほぼ全員を私がスカウトしてきたという特長のある部門です。

Q.若手時代のもっとも印象に残っている仕事は?
A.各部門の有識者と膝を突き合わせて、「競争のない市場」参入の企画をしたこと。当時の活動が、部門間を超えた人脈形成にも役立っています。
Q.現在の立場になって以降もっとも印象に残っている仕事は?
A.インターホンの操作でタクシー配車を行えるようになったこと。およそ1万1000台のタクシーから最寄りのタクシーを呼び出すことができます。インターホンが生活サービスのプラットフォームとして生活者の利便性を向上させるという、仕事を通した社会貢献を実感することができました。
Q.アイホンのDNAとは?
A.責任感あるまじめな姿勢。市場シェアが高い専業メーカであるという事業ポジションを活かした、他社との協力関係の築きやすさ。