Q.
動作確認済みUPnP対応ルーターを使用する場合の設定例はありますか?
A.
下記一例をご参照下さい。

【機種】
IS-IPMV, IS-IPDV-12, IS-IPDVF-12, IS-IPC

【項目】
設定

動作確認済みUPnP対応ルーターを使用する場合
『サイトA』と『サイトB』をサイト間接続する際のネットワーク設定を説明します。

(1) DHCPサーバー機能付ブロードバンドルーターの設定
(2) 『主機器』のネットワーク個別設定
(3) 『主機器』のネットワーク共通設定
(4) 『従機器』のネットワーク個別設定
(5) 『インターホンアプリケーション』のネットワーク設定
(6) 『主機器』のIP機器登録設定
(7) 『サイトA』『ルーターA』のポートフォワーディング設定
(8) 『サイトB』の設定
(9) 『サイトA』のサイト接続設定
(10) 『サイトB』のサイト接続設定
(11) 『サイトA』『サイトB』のその他の設定

【構成図】


(1) DHCPサーバー機能付ブロードバンドルーターの設定
『主機器』となる”IS-IPC”のMACアドレス:00:0B:AA:0A:00:39が、IPアドレス:192.168.0.2と固定に割り振られるようにルーターの設定を行ってください。
※設定については、ブロードバンドルーターの取扱説明書をご覧ください。
(2) 『主機器』のネットワーク個別設定
お使いのPCのMicrosoft Internet Explorerで、「https://192.168.0.2/u」にアクセスしてください。
画面指示に従い、管理者モードでログインしてください。
【ネットワーク設定:個別】の画面で、【主機器】にチェックし、【システム名称】にお好きなシステム名称を入力します。
また、【通信ポート】に使用する通信ポート番号、【通信パスワード】に使用する通信パスワードを入力してください。
※これら【通信ポート】【通信パスワード】は、”サイトA”内で共通です。
※【通信ポート】に設定する値は、【通信ポート:外部】と共通の値になる為、外部からアクセスされる通信ポートを入力してください。
最後に、【一時保存】ボタンをクリックして一時保存します。


一時保存されると、『最後にシステム更新ボタンを押すまで、設定内容は反映されません。』と表示されます。


これまでの設定内容を【システム更新】の画面で、【更新】ボタンをクリックして保存します。


『設定内容を保存しました。1分後にシステムを再起動します。再起動中は電源を切らないでください。』と表示されます。

(3) 『主機器』のネットワーク共通設定
お使いのPCのMicrosoft Internet Explorerで、「https://192.168.0.2/u」にアクセスしてください。 画面指示に従い、管理者モードでログインしてください。
【ネットワーク設定:共通】の画面で、動作確認済みUPnP対応ルーターの場合は【UPnP】欄のONをチェックします。
【グローバルIPアドレス】欄には空白、又は自動で取得されたグローバルIPアドレス値が設定されます。
※UPnPがONの時は、【グローバルIPアドレス】の入力は不要です。
【通信ポート:外部】欄には、【通信ポート】と同値が自動で設定されます。
【マルチキャストアドレス】欄には、設定範囲内でマルチキャストアドレスを入力してください。
【音声/映像ポート】欄には、サイト内で使用する音声/映像ポート番号を入力してください。



最後に、【一時保存】ボタンをクリックして一時保存します。


一時保存されると、『最後にシステム更新ボタンを押すまで、設定内容は反映されません。』と表示されます。


これまでの設定内容を【システム更新】の画面で、【更新】ボタンをクリックして保存します。


『設定内容を保存しました。1分後にシステムを再起動します。再起動中は電源を切らないでください。』と表示されます。

(4) 『従機器』のネットワーク個別設定
お使いのPCのMicrosoft Internet Explorerで、「https://192.168.0.2/u」にアクセスしてください。
画面指示に従い、管理者モードでログインしてください。
※『主機器』以外のIP機器をルーターに接続しておきます。
【IP機器検索】をクリックします。
【IP機器検索】の画面に、接続されている『従機器』が表示されます。
※表示されない場合は、【IP機器検索】ボタンをクリックし、表示されるまでお待ちください。
【検索結果】の欄に表示される各IP機器の設定を行うため、設定するIP機器にチェックし、【設定画面を開く】ボタンをクリックします。



該当IP機器の設定画面が別ウィンドウで開きます。
画面指示に従い、管理者モードでログインしてください。
【ネットワーク設定:個別】の画面で【従機器】にチェックし、【主機器IPアドレス】欄に『主機器』のIPアドレス:192.168.0.2を入力します。
また、【通信ポート】に使用する通信ポート番号、【通信パスワード】に使用する通信パスワードを入力してください。
※これら【通信ポート】【通信パスワード】は、”サイトA”内で共通です。先の『主機器』で設定したものと同じとしてください。

最後に、【一時保存】ボタンをクリックして一時保存します。


一時保存されると、『最後にシステム更新ボタンを押すまで、設定内容は反映されません。』と表示されます。


これまでの設定内容を【システム更新】の画面で、【更新】ボタンをクリックして保存します。


『設定内容を保存しました。1分後にシステムを再起動します。再起動中は電源を切らないでください。』と表示されます。


同様に、その他のIP機器についても設定を行います。
(5) 『インターホンアプリケーション』のネットワーク設定
インターホンアプリケーションをPCにインストールし、【設定】ボタンをクリックします。



設定用ウィンドウ画面の【ネットワーク】タブをクリックします。
【IPアドレス】の欄には、『主機器』のIPアドレス:192.168.0.2を入力します。
また、【通信ポート】に使用する通信ポート番号、【通信パスワード】に使用する通信パスワードを入力してください。
※これら【通信ポート】【通信パスワード】は、”サイトA”内で共通です。先の『主機器』で設定したものと同じとしてください。
【使用するNIC】は、PCで使用しているNICを選択します。
【シリアル番号】は、インターホンアプリケーションのシリアル番号を入力してください。
設定が完了したら、【保存】ボタンをクリックして、設定を保存します。


(6) 『主機器』のIP機器登録設定
お使いのPCのMicrosoft Internet Explorerで、「https://192.168.0.2/u」にアクセスしてください。
画面指示に従い、管理者モードでログインしてください。
【IP機器登録】をクリックすると、【検索結果】の欄に、接続されいる各IP機器が表示されます。
※表示されない場合は、【IP機器検索】ボタンをクリックし、表示されるまでしばらくお待ちください。
各IP機器にチェックし、【登録IP機器一覧に追加】ボタンをクリックします。



【登録IP機器一覧】の欄に、追加されます。


また、【ポート番号自動設定】ボタンをクリックすると、設定するポートが自動的に入力されます。


最後に、【一時保存】ボタンをクリックして一時保存します。


一時保存されると、『最後にシステム更新ボタンを押すまで、設定内容は反映されません。』と表示されます。


これまでの設定内容を【システム更新】の画面で、【更新】ボタンをクリックして保存します。


『設定内容を保存しました。1分後にシステムを再起動します。再起動中は電源を切らないでください。』と表示されます。

(7) 『サイトA』『ルーターA』のポートフォワーディング設定
※動作確認済みUPnP対応ルーターの場合は、設定の必要はありません。
(8) 『サイトB』の設定
『サイトB』側も、『サイトA』同様に各IP機器の設定を行ってください。
※『サイトB』側の『主機器』のIPアドレスは、『サイトA』側の『主機器』のIPアドレスと別の値を設定してください。
(このシステムの場合、『サイトB』側の『主機器』のIPアドレスは「192.168.0.2」以外の値を使用してください。)


(9) 『サイトA』のサイト接続設定
お使いのPCのMicrosoft Internet Explorerで、「https://192.168.0.2/u」にアクセスしてください。
画面指示に従い、管理者モードでログインしてください。
【エリア/サイト登録】をクリックします。
【エリア/サイト登録】で、『サイトB』の名称入力、【エリア/サイト】は【サイト】選択、【IPアドレス】【ポート番号】【通信パスワード】はそれぞれ『サイトB』で設定した値を入力します。
※『サイトA』の【エリア/サイト登録】【IPアドレス】の値が、『サイトB』の【ネットワーク設定:共通】【グローバルIPアドレス】の値が、同じとなります。
※『サイトA』の【エリア/サイト登録】【ポート番号】の値が、『サイトB』の【ネットワーク設定:共通】【通信ポート:外部】の値が、同じとなります。
※『サイトA』の【エリア/サイト登録】【通信パスワード】の値が、『サイトB』の【ネットワーク設定:個別】【通信パスワード】の値が、同じとなります。




最後に、【一時保存】ボタンをクリックして一時保存します。


一時保存されると、『最後にシステム更新ボタンを押すまで、設定内容は反映されません。』と表示されます。


これまでの設定内容を【システム更新】の画面で、【更新】ボタンをクリックして保存します。


『設定内容を保存しました。1分後にシステムを再起動します。再起動中は電源を切らないでください。』と表示されます。

(10) 『サイトB』のサイト接続設定
お使いのPCのMicrosoft Internet Explorerで、「https://192.168.0.2/u」にアクセスしてください。
画面指示に従い、管理者モードでログインしてください。
【エリア/サイト登録】をクリックします。
【エリア/サイト登録】で、『サイトA』の名称入力、【エリア/サイト】は【サイト】選択、【IPアドレス】【ポート番号】【通信パスワード】はそれぞれ『サイトA』で設定した値を入力します。
※『サイトB』の【エリア/サイト登録】【IPアドレス】の値が、『サイトA』の【ネットワーク設定:共通】【グローバルIPアドレス】の値が、同じとなります。
※『サイトB』の【エリア/サイト登録】【ポート番号】の値が、『サイトA』の【ネットワーク設定:共通】【通信ポート:外部l】の値が、同じとなります。
※『サイトB』の【エリア/サイト登録】【通信パスワード】の値が、『サイトA』の【ネットワーク設定:個別】【通信パスワード】の値が、同じとなります。



(11) 『サイトA』『サイトB』のその他の設定
サイト間の呼出などの設定については、別途【他サイト代表被呼設定】などの各項目で行ってください。
閉じる