Q.
停電時のインターホン、ドアホン、ナースコールシステムへの影響及び対応について。
A.

停電時のインターホン、ドアホン、ナースコールシステムへの影響及び対応につきましては、本ページをご覧ください。

1. 戸建住宅用ドアホン・テレビドアホンシステム

【停電による影響】
停電前:
あらかじめ電源を「OFF」、「切」にしていただく必要はございません。
停電中:
全ての機能が停止いたします。電気錠システムをご採用いただいているお客様につきましては、インターホンからの電気錠の解錠も出来ませんので、施錠・解錠につきましては手動にて対応いただきますようお願いいたします。
復電後:
自動的に機能が復旧いたします。玄関子機からの呼出操作にて、動作をご確認くださいますようお願いいたします。また、居室親機に録画機能を有する場合は、設定されている日時をご確認ください。日時がずれている場合は、取扱い説明書をご確認の上、再設定をお願いいたします。

2. 集合住宅用インターホンシステム

【停電による影響】
停電前:
あらかじめ電源を「OFF」、「切」にしていただく必要はございません。
停電中:
集合住宅用インターホンシステムの全ての機能が停止いたします。そのためエントランスの共用部オートドアや電気錠につきましても、インターホンからの解錠ができません。オートドアや電気錠の停電時への対応につきましては、設置のオートドア又は電気錠メーカー各社様にお問い合わせ願います。また、インターホンに接続されている各種センサー(火災感知器、ガス漏れ警報器等)につきましても動作いたしません。なお、法令に基づき設置されている機器につきましては、一定時間(60分)監視状態を継続する場合があります。
復電後:
自動的に機能が復旧いたします。集合玄関機からの呼出操作にて動作を確認いただきますようお願い申しあげます。また、居室親機に録画機能を有する場合は、設定されている日時をご確認ください。日時がずれている場合は、取扱い説明書をご確認の上、再設定をお願いいたします。設置から相当年数経過しておりますと、経年劣化により復電時に機器が故障する可能性がございます。機器の故障につきましては、弊社修理受付センターにて受付をさせて頂きます。

3. ナースコールシステム

ナースコールシステムの電源が非常用電源に接続されているかをあらかじめご確認ください。
非常用電源に接続されている場合、そのバックアップ中はそのままご使用いただけます。

非常電源に接続されていない場合および非常用電源のバックアップが切れた場合

【停電による影響】
停電前:
あらかじめ電源を「OFF」にしていただく必要はございません。
PCナースコールパソコンは、停電を検知して自動的に停止いたします。
停電中:
ナースコールシステムの全ての機能が停止いたします。そのため病室等の子機からの呼出につきましては、親機およびハンディナース(PHS)での鳴動はせず、通話機能も停止いたします。ハンディナース(PHS)をお使いの場合、ハンディナース主装置(PBX、ボタン電話等)につきましては、主装置の取扱い説明書等に従い電源「OFF」操作をしてください(注)。
復電後:
ナースコール親機はパソコンを含め自動的に機能が復旧いたします。ハンディナース主装置(PBX、ボタン電話等)につきましては、取扱い説明書等に従い電源「ON」操作をしてください(注)。各病室子機およびトイレ子機等からの呼出操作を行っていただき、動作をご確認くださいますようお願い申し上げます。設置から相当年数経過しておりますと、経年劣化により復電時に機器が故障する可能性がございます。機器の故障につきましては、弊社修理受付センターにて受付をさせて頂きます。

注: 当社以外のPBX、ボタン電話などのPHS用主装置につきましてはメーカーにご確認ください。

4. シルバーハウジングシステム

【停電による影響】
停電前:
あらかじめ電源を「OFF」にしていただく必要はございません。
LSAパソコンは、停電を検知して自動的に停止いたします。
停電中:
シルバーハウジングシステムの全ての機能が停止いたします。そのため各居室からの呼出につきましては、親機およびハンディナース(PHS)での鳴動はいたしません。また、エントランスの共用部オートドアや電気錠につきましても、インターホンからの解錠ができません。オートドアや電気錠の停電時への対応につきましては、設置オートドア又は電気錠メーカー各社様にお問い合わせ願います。ハンディナース(PHS)をお使いの場合、ハンディナース主装置(PBX、ボタン電話等)につきましては、主装置の取扱い説明書等に従い電源「OFF」操作をしてください(注)。
復電後:
シルバーハウジングシステムは自動的に機能が復旧いたします。ハンディナース主装置(PBX、ボタン電話等)につきましては、取扱い説明書等に従い電源「ON」の操作をしてください(注)。停電中の各居室からの外出等により、復電後の「在/不在」表示が誤っている可能性があります。そのため各入居者様の在宅状況を、ご確認いただきますようお願い申し上げます。なお、LSAパソコンにつきましては、画面のタッチパネルモニターを操作して起動いただくようお願い申し上げます。設置から相当年数経過しておりますと、経年劣化により復電時に機器が故障する可能性がございます。機器の故障につきましては、弊社修理受付センターにて受付をさせて頂きます。

注: 当社以外のPBX、ボタン電話などのPHS用主装置につきましてはメーカーにご確認ください。

5. その他のシステム

ご使用のシステムにより影響が違いますので、システム名又は、機種をご確認のうえ、
弊社お客様相談センターまでお問い合わせ下さいますようお願いいたします。

お客様相談センターはこちら >>

閉じる