新製品情報

インターホンの機能操作を“らく”に! 「誰もが使いやすい」を追求し、省施工化でマンションのリニューアルにも最適な集合住宅システム「らくタッチ」を12月発売予定!

2012.07.04

アイホン株式会社(本社:名古屋市熱田区、代表取締役社長:市川周作、以下アイホン)は、マンションに住まうすべての人が“らく”に使えることを追求した集合住宅システム「らくタッチ」を2012年12月に発売いたします。

インターホン工業会において集合住宅用インターホンシステムの更新期間は、およそ15年を目安と定めており、1990年代半ば以降に施工された多くの集合住宅物件が、現在、更新の時期を迎えています。

新商品「らくタッチ」は、増え続けるリニューアル需要を踏まえ、省施工化による設備更新の手軽さは勿論のこと、高齢社会にも対応した使いやすさと、マンションに住まう人々が求める高機能を兼ね備えた、アイホンの新しい集合住宅システムです。

住宅情報盤のモニターには、7型ワイドタッチパネルモニターを採用し、従来の4型モニターより、見やすさが格段に向上しました。タッチパネルモニターに表示されるインターフェースデザインも従来から一新。アイコンについては、視認性を高めたイラストを採用したことで、高齢者の皆様やお子様まで分かりやすくお使いいただけます。音量、明るさの表示にはインジケーターを採用することで、状況が一目で分かるようになりました。

管理員様から居住者様への連絡には“電子掲示板”機能を活用。回覧情報などを管理センターから各居室に一斉送信(※1)できるので、ポスティングの手間を省くことができます。また、居住者様からの折り返しの連絡をお願いする“メモリーメッセージ”、管理員様の声を各居室の住宅情報盤に残せる“お知らせ録音”など、管理員様の業務の効率化を図っております。

リニューアル工事においては、住宅情報盤、玄関子機のサイズは、埋込型、露出型といった既設の取り付け方法に制限されないオールインワンの取り付けサイズ。壁面の加工の手間を必要とせず、施工も容易で工期の短縮に貢献します。また、大きめなサイズを採用することで、既設機器を取り外した後の日焼け跡なども簡単に隠すことができ、施工業者様はもちろん、居住者様にもご満足いただける美しい仕上がりを実現します。
※1:システムの構成によっては、対応ができません。

らくタッチ商品写真 らくタッチが提供する「4つのらく」
[ 特長 ]
  • 大きくて見やすい7型ワイドタッチパネルモニター。
  • アイコンやインジケーターの導入など、新しいインターフェースデザイン。
  • 通話、終了など使用頻度の高いボタンは大きめのボタンで配置。
  • 管理員様から各住戸に情報を一斉送信できる、電子掲示板。
  • 居住者様に折り返し連絡をお願いできる、メモリーメッセージ。
  • 管理員様の声を各居室の住宅情報盤に残せる、お知らせ録音。
  • 非難誘導など緊急時の対応に役立つ、一斉放送。
  • リニューアル時の省施工化に、オールインワンの取り付けサイズ。
7型ワイドの大型ディスプレイでより見やすく!
[ 発売日 ]

2012年12月10日(月)

[ 価格 ]
VH-RMB-R :148,000円住宅情報盤(住戸用)
VHK-RMB-R:158,000円住宅情報盤(共同住宅用)
VH-DEP-N : 19,800円玄関子機(パネルなし)
VH-KDEP-N: 43,800円カメラ付玄関子機(パネルなし)
VHW-1P-S : 3,000円玄関子機用パネル(1個用スイッチボックス用)
VHW-3P-S : 3,000円玄関子機用パネル(3個用スイッチボックス用)
[ 販売計画 ]

発売1年間で12億円