新製品情報

ROCOシリーズの使いやすさはそのままに訪問者の映像を最大30件保存できる録画機能を新たに搭載。 みんなにやさしいテレビドアホン「ROCO録画」新登場!

2012.07.04

アイホン株式会社(本社:名古屋市熱田区、代表取締役社長:市川周作、以下アイホン)は、シンプルで使いやすい操作性とエコ設計でおなじみのテレビドアホンROCOに録画機能を新たに加え、防犯性を高めた「ROCO録画」を新発売いたします。

「ROCO録画」は、呼出の際、玄関子機のカメラで捉えた訪問者の様子をモニター付親機に自動録画。留守の際の来客やドアホンで留守を探る不審者の様子などを確認できるので安心です。

夜間の録画に必要な玄関子機のLEDライトは、訪問者の目にやさしく、まぶしさを抑えてゆっくり光ります。録画のタイミングも「標準」モード(呼出から約2秒後)と「遅め」モード(呼出から約4秒後)に設定を変更できるので、訪問者に配慮しながらも夜間の玄関先をしっかり録画できます。

もちろん、「かんたん・使いやすい」の“ROCOスタイル”はそのまま継承。モニター付親機のデザインは、丸みを帯びてコンパクト。操作ボタンも前面にすっきりと配置。「通話」など良く使うボタンは親機の4隅に配置して視認性を高めました。操作や各種設定の状態を親機のモニターにガイダンス表示するので、分かりやすくスムーズに操作できます。

システムの拡張性については、モニター付中継親機や、設置が義務化されている住宅用火災警報器の接続が可能。多機能でお手軽な防犯・防災機器としてお役に立ちます。

環境配慮の面でも、「ROCO録画」は消費電力、使用部品点数をカットしたエコ設計。最大消費電力は10wから5wと約50%、待受電力は3wから0.7wと約75%の大幅カット(※1)。使用部品点数は従来機種から約35%削減(※1)。地球環境にも優しいテレビドアホンです。
※1:当社JES-1AE-Tとの比較値。

「ROCO録画」商品イメージ。待受電力75%削減。使用部品点数35%削減。
[ 特長 ]
  • 玄関子機のカメラで捉えた映像を最大30件保存できる録画機能。
  • 待受電力を約75%、使用部品点数を約35%カットした「エコ設計」。(※2)
  • 操作中の状態や各種設定をモニター上に表示する、ガイダンス機能。
  • 幅広い年齢層の方に安心してお使いいただける四隅に配置した「4つの独立ボタン」。
  • 訪問者の顔がくっきり見える「3.5型モニター」。
  • 夜間、玄関でインターホンが押されると、自動でLEDライトがゆっくり点灯、まぶしさを低減。
  • 「最大設置台数」は、カメラ付玄関子機1台、モニター付親機1台、モニター付中継親機1台。

※2:当社JES-1AE-Tとの比較値。

[ 発売日 ]

2012年9月3日(月)

[ 価格 ]

JL-12E : オープン価格(セット内容/各1台:カメラ付玄関子機、モニター付親機)

[ 販売計画 ]

発売1年間 7.5億円