新製品情報

充実のセキュリティ機能を盛り込んだ小規模マンション・アパート向け新集合住宅システムを新発売  ~SECURITY SHOW 2014 アイホンブースにて展示~

2014.02.27

アイホン株式会社(本社:名古屋市熱田区、代表取締役社長:市川周作、以下アイホン)は、小規模マンションやアパート市場のニーズに対応した集合住宅システム「PATMO(パトモ)」(※1)を2014年10月20日に発売いたします。また、本商品を、東京ビッグサイトで3月4日から開催予定であります「SECURITY SHOW 2014」のアイホンブースにて展示いたします。

小規模マンションやアパート市場においてセキュリティ強化へのニーズが高まる中、留守中の来訪者を確認することができる録画機能を標準装備いたしました。また、カメラ付集合玄関機だけでなく住戸前においても、カメラ付玄関子機を設置することができ、2箇所で来訪者の様子を確認することができます。居室親機には緊急時に室内外へ通報を行うことができる非常押ボタンを新たに搭載した機種もご用意いたしました。そのほか火災警報器や防犯センサーなどのセキュリティ機器を最大3回路まで接続可能とするなど防犯防災機器としての機能を向上させています。

さらに、居室親機のモニターには、従来機に比べ大型の3.5型モニターを採用しつつ、幅、厚みをスリム化することでスッキリとしたデザインとなりました。また、カメラ付集合玄関機にはブルーの自照式ボタンを採用することで視認性を高めると共に、今までにない高級感あるデザインとなっております。カメラ付集合玄関機のカメラについては、耐久性の高いレンズを採用することでカバーレス化を実現し、光の乱反射によるレンズへの映り込みを防ぎ、見やすい画像を映し出すことが可能になりました。小規模マンションやアパートにおいても充実した機能をご採用できる新しいインターホンシステムです。

※1:見回るという意味のパトロールとモニターをあわせた造語。毎日の生活が守られているような頼もしさをイメージしています。

PATMO(パトモ)カメラ付集合玄関機GBX-DLMU(ユニット)GBW-2035P(パネル)、カメラ付玄関子機GB-DA、居室親機GBM-2MK

SECURITY SHOW 2014(第22回セキュリティ・安全管理総合展)

  • 会期
    2014年3月4日(火)~3月7日(金)  10:00~17:00(最終日のみ16:30に終了)
  • 会場
    東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-11-1) 東3ホール
  • 小間番号
    SS3529(アイホンブース)
  • 入場料
    当日一般 2,000円(税込)(事前登録により無料)  主催者Webサイトにて事前登録できます。
    (主催者Webサイト https://messe.nikkei.co.jp/ss/)
特長
居室親機
  • 留守中の確認に最適な録画機能は標準装備。
  • 本体に非常押ボタンを搭載した機種もラインアップ。
  • 火災警報器や防犯センサーなどのセキュリティ機器を最大3回路接続が可能。
  • 従来機に比べて来訪者の映像をはっきり確認できる3.5型モニターを採用。
  • 従来機種より幅約12%ダウン、厚み約35%のスッキリデザイン。
  • 通話や解錠操作もボタンが光ってガイドするため迷わず操作が可能。(ナビホタル) ナビホタル
カメラ付集合玄関機
  • 押ボタン部分にはブルーの自照式ライトを採用することでボタンの視認性を向上。
  • カメラには、耐久性の高いレンズを採用することで、カバーレス化を実現し、光の乱反射によるレンズへの映り込みを防止。
  • 広角カメラの採用でエントランスにある集合玄関機のほぼ真横まで確認が可能。
視認性を向上させた「自照式ボタン」
視認性を向上させた「自照式ボタン」
映り込みを防止する「カバーレスレンズ」
従来品と新カメラ付集合玄関機の比較
システム全体
  • 住戸幹線は1ペアのため既設の配線を入れ替えることなく利用できリニューアルにも対応可能。
  • 制御装置から4系統が接続でき1系統で最大25台、システムで最大100住戸が接続可能。
発売日
2014年10月20日
販売計画
発売後1年間で約23億円