新製品情報

テレビドアホン「JS-12、JS-12E」を新発売

2019.05.09

シンプルなデザインで利便性を高めたテレビドアホン「JS-12、JS-12E」が新登場

アイホン株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長執行役員:加藤 康次 以下アイホン)は、シンプルデザインで利便性を高めた新しいテレビドアホン「JS-12、JS-12E」を2019年6月10日に発売いたします。

「JS-12、JS-12E」は、親機の画面に3.5型モニターを採用し、カメラ付玄関子機には夜間照明LEDを内蔵することで、夜間でもカラー映像での確認ができるため、安心してご利用いただけます。カメラレンズの角度は従来品の上下に加え、左右や斜めにも調整が可能となったため、取付位置の制限や、別途角度調整台を用意する必要がなくなり、設置の自由度が高まりました。

デザインではモニター付親機、モニター付子機のスピーカースリットを底面へ配置することで、凹凸を少なくし、表面のお手入れがしやすくなりました。インテリアのデザインとの調和を図るとともに、操作性とともにシンプルにこだわりました。

「JS-12E」は録画機能を内蔵しており、呼出の際に玄関子機のカメラでとらえた来訪者の様子をモニター付親機に自動録画します。留守中の来訪者を帰宅後に確認できます。アイホンは「JS-12、JS-12E」を、シンプルなデザインと機能でありながらも、利便性を高めたテレビドアホンとして皆様にご提案いたします。

テレビドアホン「JS-12、JS-12E」

JS-12

JS-12
(モニター付親機、カメラ付玄関子機のセット)
録画機能なし・電源直結式

JS-12E

JS-12E
(モニター付親機、カメラ付玄関子機のセット)
録画機能付・電源直結式

JS-1H-T

JS-1H-T
モニター付子機
電源直結式

特長
  • 玄関最大1台(カメラ付玄関子機1台)、室内最大2台(モニター付親機、モニター付ワイヤレス子機各1台)
  • 玄関子機のカメラで捉えた映像(静止画)を最大30件保存できる録画機能※2。手動録画も可能。
  • ズーム操作により映像を約1.5倍で表示※2。拡大位置は9種類から選択可能。
  • 視覚的に分かりやすいアイコン表示やお知らせ表示灯を採用※2。
  • 3.5型モニターを採用。夜間もカラー映像で確認可能。
  • カメラレンズ角度は上下、左右、斜めに調整が可能。
  • スピーカースリットをモニター付親機、モニター付子機の本体底面へ配置。
  • ※1 モニター付親機とモニター付子機間の内線通話はできません。
  • ※2 JS-12Eのみの機能となります。JS-12およびJS-1H-Tに本機能はございません。
システム構成例

※3 品番と写真は、JS-12Eを基本セットにした場合のシステム構成例です。

価格

JS-12(モニター付親機、カメラ付玄関子機のセット)
オープン価格

JS-12E(モニター付親機、カメラ付玄関子機のセット)
オープン価格

JS-1H-T(モニター付子機)
オープン価格

販売目標

1年目 JS-12 74,000セット / JS-12E 165,000セット

発売日

2019年6月10日

問い合わせ先

アイホン株式会社 販売促進部 有村俊秀
TEL:052-228-9981

(注)プレスリリースに記載されている内容は、発表日時点の情報です。記載内容については、予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。