IPネットワーク対応インターホン IXシステム

特長 : 拡張性・導入

小規模な事務所から大規模な施設まで、幅広く導入できます。

ネットワーク上の接続台数は無制限。

モニター付インターホン端末ごとに最大500端末までアドレス登録が可能です。出入口の多い大型施設にも対応できます。

アドレス登録最大500端末

距離の延長やVPN接続による遠隔応対が可能。

スイッチングHUBの追加(※1)や光ケーブルへの変換、VPN接続(※2)により、広大な敷地内や離れた拠点間でも導入できます。広い構内での内線連絡や、本社と各事業所・各工場、チェーン展開する店舗などの遠隔応対・集中管理ができます。

接続イメージ

※1:100mごとにスイッチングHUBが必要です。

※2:VPNサービスによっては利用できない場合があります。詳しくは当社担当者までお問い合わせください。

サーバーレスなので省スペース・省施工・低コスト。

PoEスイッチに各端末をつなぐだけで接続できます。複雑な配線や、別途制御装置やサーバーを設置する必要はありません。

一般的なシステムとIXシステムの比較

電気錠を遠隔解錠。

電気錠やパワーゲートのオープン操作を、離れた場所に設置したモニター付インターホン端末から行うことができます(SSLの暗号化方式)。通話や映像で状況を確認しながら解錠できるので安心です。

操作イメージ

呼出ボタンの増設により施設のユーザビリティが向上。

端末ごとに接点入力に対応しているので、別途増設呼出ボタンを設置できます。端末本体とは呼出先や呼出音を変えることも可能です。

【設置例1】 車椅子用の呼出ボタン

ドアホン端末に手が届かなくても楽に呼出できます。

設置イメージ
【設置例2】 多目的トイレの呼出ボタン

緊急事態が発生した時の呼出に対応できます。

設置イメージ