ナースコールシステム Vi-nurse(ビーナース)

機能・特長 ナースコール子機・呼出ボタン

ハンド型子機、呼出握りボタン(点滴・トイレ解除ボタン付)

持つ手にやさしく使いやすい。安全性を追求しました。

居室にいる入所者さんとの意思疎通をスムーズに。
転落、断線などベッドまわりのトラブルも軽減します。

小型で手にやさしいデザイン

ハンド型子機、呼出握りボタン

ハンド型子機は、入所者さんの持ちやすさ、コンセントのハンガーへの引っ掛けやすさにこだわりました。呼出握りボタンは、押すだけではなく、握ることでも呼出ができるサイドボタン付です。

さまざまな子機に対応するコンセント

差し換え可能

スピーカー・マイク付コンセントは、呼出握りボタン、ハンド型子機のどちらでも接続可能です。

常夜灯機能

夜間でもボタンの位置がしっかり分かります。
ハンド型子機、呼出握りボタン

点灯の有無をベッドごとに決められる個別設定や、消灯時間に合わせて点灯できるタイマー設定で、患者さんに合わせた使い方が可能です。

入所者さん思いの使いやすさはもちろん、挿しやすさ、故障を防ぐ機能も充実。

入所者さんに優しく、スタッフの業務にも負担をかけません。

断線防止機能

無理な力がかかると、プラグに大きな負担をかけずにそのまま抜けます。ベッド移動などで発生する、コードを引っ張ることによる断線トラブルを防ぎます。

断線防止機能 中継コードでさまざまな方向への引っ張りにも対応。

中継コードでさまざまな方向への引っ張りにも対応。

向きを気にせずコンセントに挿せます業界初

子機とコンセントの接続部分には、ミニプラグを採用しています。プラグを差し込む際、向きを確認する手間が省けます。

イメージ

下向き設置できる可動式ハンガー業界初

コンセントを下向きに設置する場合、ハンガーが可動式になっているので、ハンド型子機などをひっかけることができます。

下向き設置できる可動式ハンガー

呼出握りボタン用オプション

入所者さんの状態に合わせて、呼出方法が選べます。

イメージ

呼出握りボタンを大型ボタンとして使用するためのケースです。

イメージ

サイドボタンを使用しない場合に装着します。

入所者さんの状態に合わせて選べるさまざまな呼出方法をご用意。

Vi-nurseは入所者さんの伝えたい気持ちを支援します。

電池のいらないワイヤレス大型呼出ボタン

入所者さんの状態に合わせて設置場所が選べる、大型呼出ボタンです。送信機(呼出ボタン)は自己発電方式を採用しているので、電池がいりません。

送信機・受信機イメージ

受信機はACアダプターが不要なのでスッキリ設置。

押しやすい場所に呼出ボタンを設置
ひじで押して呼出、足で蹴って呼出

マルチハートコール(特殊呼出スイッチ)

入所者さんの状態に合わせて使える1台4役の特殊呼出スイッチです。
センサーが反応する感度を調節できます。
夜間でもセンサーの位置が分かる常夜灯付きです。業界初

送信機・受信機イメージ

入所者さんの動きを検知してスタッフを呼び出せます。入所者さんの安心感も高まります。

居室のカメラでとらえた入所者さんの映像を解析。起き上がり、離床を検知してお知らせします。

映像見守りシステム業界初

動作イメージ

※ 特定線とは、ベッド位置を特定するために設定する線です。親機で設定します。

夜間の居室での起き上がり、離床検知精度が向上

超低照度対応カメラを採用し、0lx環境下でも撮像可能です。

画面表示イメージ
プレ録画で転倒・転落時の状況を確認

検知30秒前からの録画を確認可能。打撲箇所などを特定できます。

※プレ録画の時間は、5分、3分、1分、30秒から選べます。

画面表示イメージ
ベッド位置自動検知機能を搭載

ベッド移動のたびに設定しなおす手間を軽減します。

画面表示イメージ
カメラ本体で見守りモードの停止/再開

停止時は停止表示灯が点灯し、戻し忘れを防止します。

停止表示灯
見守り用カメラは居室間で共有可能

見守りカメラ取付パネルセットを使用します。

機器設置イメージ

センサー(市販品)は2種類接続

オプション(センサー)コンセントには、2種類のセンサー(市販品)が接続可能。例えば、起き上がり検知のベッドセンサーと、端座位検知のサイドセンサーを併用といった使い方ができます。

接続イメージ
ACアダプター不要のオプション入力コード業界初

オプション(センサー)入力端子のないコンセントにも、オプション入力コードを使用することで後からセンサー(市販品)を接続できます。

接続イメージ
ナースコール親機にも接続状況を表示業界初

センサーを接続すると、ナースコール親機の緑色のLED(またはボタン)が点灯します。注意の必要な入所者さんがひとめで分かります。

接続イメージ

各種センサー(市販品)との連動に対応

入所者さんをさりげなく見守る工夫があります

離床CATCH(※1)

ベッドにセンサーを内蔵して入所者さんの安全に配慮。荷重センサーが荷重の変化を検知。入所者さんの起き上がりや離床などをナースコールでお知らせします。

離床CATCH

※1 パラマウントベッド(株)製

転倒むし(※2)

入所者さんの離床を事前に検知介護士さんに伝えます。入所者さんがベッドから離れようとすると、磁気で止まっている接合部分が外れてナースコールでお知らせします。

転倒むし

※2 ニプロ(株)製