ナースコールシステム Vi-nurse(ビーナース)

他社システムとの連動

様々な機器やサービスと連動する事ができます。

ここでは、様々な他社システムとの連動を紹介しています。

位置情報システムとの連動

Vi-nurseと屋内位置測位を活用する時空間プラットフォーム「SDAT(エスダット)*」との連動です。
看護師さんや患者さんが携帯するペンダント(送信機)で病棟内の位置を把握します。動線管理や分析によって人員配置の適正化やアセスメントスキルの向上が実現し、看護業務の負荷軽減や看護の質の向上に貢献します。

位置情報システム連動イメージ

コードブルー対応

患者さんの急変時に担当医師・看護師へ発生場所を通知できます。

コードブルーイメージ

徘徊検知

階段や出入口、エレベーターホールなど、危険と考えられるエリアに近づくと、危険位置アラートとして看護師さんへ知らせます。転倒や離院を未然に防ぐことができます。

徘徊イメージ

どこでもナースコール

ナースコール子機が付いていない共用エリアなどから、看護師さんを呼び出せます。看護師さんが携帯するタブレットなどでも患者さんの位置を把握できます。

どこでもナースコールイメージ

ナースコール呼出に対する行動履歴の分析

どのような呼出対応が看護業務の繁雑化につながるのか、各病棟で把握。看護師さんの病室滞在時間や動線の軌跡を表示することができます。業務の実態を把握し、改善にお役立ていただけます。

看護業務の分析

ナースコール呼出数と重症度、医療・看護必要度グラフ

関連性を分析することで、看護ニーズの可視化が可能。

グラフイメージ
看護師・看護補助者業務内容比率グラフ

分析結果に基づき、体制変更、補助者配置や権限委譲の判断に活用。

グラフイメージ
業務ごとの平均対応時間グラフ

業務の効率化度合いを把握。

グラフイメージ
業務ごとの平均対応時間推移グラフ
グラフイメージ
ナースコール対応履歴

看護師さんの一日の動き(対応時間、場所)を時系列で表示。呼出に対する行動履歴を分析。

グラフイメージ

*SDAT(エスダット)は株式会社MSDの商標または登録商標です。

【協力】株式会社MSD、TDK株式会社

パラマウントベッド株式会社「スマートベッドシステム™」との連動(医療施設向け)

「スマートベッドシステム™」は、パラマウントベッド独自のセンサーにより、身体に何も装着することなくベッド上に寝ている状態のままで、心拍数や呼吸数、睡眠・覚醒などの状態を連続測定・検知し、スタッフステーションや電子カルテなどに情報をつなげるシステムです。

患者の状態把握と変化を通知

体動センサから得られた睡眠、覚醒、呼吸数、心拍数などの様々な情報を集約し端末に表示します。また、患者さんの状態変化を適宜お知らせすることも可能です。

患者アイコン

患者/ベッドの状態を一覧表示

患者さんのバイタルサインや、ベッドの背あげ角度や高さ、そして離床センサなどの機器情報をスタッフステーション端末に一覧で表示することができます。

一覧表示アイコン

ピクトグラム・患者情報の表示

患者情報やピクトグラムをベッドサイド端末に表示することで、患者さんの状態を関係者の間で共有できます。

ピクトグラムアイコン

バイタルサインの入力

通信機能付バイタルサイン測定機器を利用することで、入力業務の負担を低減します。ベッドサイドでバイタルサインを入力することにより、転記ミスの防止などにも繋がります。

バイタルサインアイコン

業務リマインダー機能

患者さんの状態に合わせてリマインダー設定が可能。多くの業務に対応していても、ヌケ・モレのない、適切かつ確実な看護業務を支援します。

リマインダーアイコン
システム構成
システム構成

スマートベッドシステム™の通知をナースコールへ知らせます

スマートベッドシステム™通知種類

ナースコール親機

ナースコール親機

ハンディナース(PHS)

ハンディナース(PHS)

スマートフォン

スマートフォン
PC親機
(呼出ポップアップ表示)
親機
(操作画面)
ナースコールで受けられるので、スマートベッドシステム™専用の端末とハンディナースを2台持つ必要がなくなります。
例:
離床検知
(離床をお知らせ)
PC親機ポップアップ表示 親機ポップアップ表示 ハンディナース(PHS)表示 スマートフォン表示

※ナースコールを呼び出すアラームの種類は、設定で選択可能です。

PCナースコール親機でバイタルサインを確認

スマートベッドシステム™側が持つ患者情報は、PCナースコール親機でも確認が可能です。

バイタルサイン確認ウィンドウ

スマートベッドシステム™連動システム

スマートベッドシステム™側が持つ患者情報は、PCナースコール親機でも確認が可能です。

バイタルサイン確認ウィンドウ

※スマートベッドシステム™は、パラマウントベッド株式会社の登録商標です。

【協力】パラマウントベッド株式会社

iPhone対応IP電話システムとの連動

Vi-nurse(またはNFXシリーズ)のハンディナースとしてiPhone/iPodtouch*が使用できます。
情報端末にナースコール着信機能を付加することで、看護師さんが持つ端末を集約できます。

  • 一斉放送

    ルーム一斉放送、チーム一斉放送、担当一斉放送を直感的に選択し、呼び出しできます。

  • 発着信履歴

    発着信履歴から簡単に発信先を選択し、発信できます。

着信画面、通話中画面、発信履歴画面

※iPod touchで通話する場合は、wiphone(ケース型受話器ユニット)が別途必要です。

【協力】住友電設株式会社

インカムシステムとの連動

ナースコールの呼出があったことを音声メッセージでお知らせ。

ナースコール呼出の音声メッセージをインカムで受けることができます。ハンズフリーで対応できるので、作業中でもナースコールの呼出があったことを把握できます。

システム連携イメージ

システム連携イメージ
  • ナースコールの呼出は、音声メッセージで同時に複数のインカムへ通知できます。

  • 1対1ではなく、スタッフ間でグループ通話が可能です。

  • PHSのように、画面を見て呼出先を確認する必要はありません。

  • 患者さんとの通話ではなく、スタッフ間の連絡用途に特化したシステムです。

インカムシステム機器

【協力】株式会社ティービーアイ

ベッドサイド情報端末との連動

ピクトグラムとナースコールシステムの連携で、医療現場における関係者のコミュニケーションが向上。

Vi-nurseで管理されている患者情報をベッドサイド端末に表示します。

  • その場で患者さんの状態を確認できるため、ケアを担当するスタッフの確認作業を軽減することができます。
  • 患者さんと一緒に内容を確認できることで医療過誤防止やサービスの信頼性向上が期待できます。

※表示内容は3パターンをベースに個別打ち合わせとなります。

ベッドサイド端末イメージ

ベッドサイドアメニティーの更なる向上を目指し、テレビ以外にも「オンデマンド映画」や「インターネット接続・メール」、「食事選択」、「入院・医療情報サービス」といった多彩な機能を持たせることが可能なシステムです。

『電子カルテ』と連動した看護師支援システム

電子カルテと連動したシステムでリアルタイムに最新情報を更新・表示(看護師さんの業務の見える化)

電子カルテ連動看護師支援システムイメージ

電子カルテ連動看護師支援システム

病院様オリジナルピクトグラムの作成

基本画面カスタマイズ(レイアウト、本日の予定など)
ピクトグラムカスタマイズ(表記文字、色の変更など)

病院様のご要望を踏まえた構築

第2画面への切替、離床先の表示、タップ内容のズームアップなど

第2画面への切替イメージ

第2画面への切替

タップ内容のズームアップイメージ

タップ内容のズームアップ

【協力】株式会社パースジャパン