目的・用途別活用例

高画質映像の活用

アイホンの高画質カメラは、呼出・通話機能を備え、ドアホンの形をしたネットワークカメラ。映像監視・録画システムなどと連携して、映像解析・認証による業務効率化やセキュリティ強化を実現します。

顔認証で業務改善① 来客時の自動解錠で職員の負担を軽減

職員が少人数の施設では、利用者の入館対応に割く時間もとれないもの。アイホンのカメラと顔認証システムを連携すれば、登録した利用者のみ、エントランスを自動で解錠。セキュリティを確保しつつ、職員の手間を軽減できます。

例えばこんな時に!
  • 駅ナカ保育園など、職員の少ない保育施設で保護者入館対応の手間を軽減したい。
  • 施設の職員専用入口で、鍵の紛失によるリスクをなくしたい。

顔認証で業務改善② VIP のみ顔パス入館

VIPには、エントランスから特別待遇をしたい…。アイホンのカメラと顔認証システムを連携すれば、登録したVIPのみ、エントランスを自動で解錠。ストレスフリーで入館いただけます。アラームなどで館内にVIPの入館を知らせ、対応の準備をすることも可能です。

例えばこんな時に!
  • 会員制の施設で、会員のみエントランスを自動解錠したい。

顔認証で業務改善③ 無断離設・離院を未然に防ぐ

アイホンのカメラと顔認証システムを連携すれば、あらかじめ登録した入所者が施設外に出ようとすると、アラームでお知らせします。現場へ駆けつけるまでの間、呼びかけを行うことも可能です。

例えばこんな時に!
  • 高齢者施設の出入口で、無断離設を防止したいが、職員が少なく手がまわらない。

異なるアングルのカメラ映像確認でセキュリティを強化

来訪者応対の際、相手の顔を映すカメラの死角を、連携する別アングルのネットワークカメラ映像で確認することができます。離れて立つ不審者も見逃しません。

例えばこんな時に!
  • オフィスなどで来訪者応対時のセキュリティを強化したい。

1台二役!監視用カメラと通話用カメラを統合

通常は監視用として使用するネットワークカメラを、アイホンの端末と連携。呼出時だけアングルを変更して、呼び出した人の顔を映すカメラとして使用できます。設置スペースの限られた無人施設などに最適です。

例えばこんな時に!
  • ATMなどで監視と問い合わせ対応を映像付きで行いたい。

問い合わせ用端末の映像を常時録画

呼出ボタンのついた端末は押さなければ動かない…そんな思い込みを逆手にとり、カメラを意識させずに不審者の姿をとらえることができます。

例えばこんな時に!
  • 無人駅などに問い合わせ用の連絡システムを設置したいが、イタズラなどがないか心配。

出入口を効率的に常時監視

アイホンのカメラなら、天井ではなく人物の顔を正面からとらえる位置に設置して、常時監視することができます。連携するネットワークカメラの動体検知と連動して自動で呼出をかけ、警備員に通知することも可能です。

例えばこんな時に!
  • セキュリティレベルの高い出入口を、さまざまなアングルで監視したい。
  • 不審者を見逃さないようにしたいが、警備員が少なく、常に監視モニターを見続けることが難しい。

呼出時や通話時だけピンポイント録画

アイホンのカメラや連携するネットワークカメラの映像を、呼出時や通話時だけ録画することで、人物が映った映像のみ効率よく録画することが可能です。再生時の時間短縮や、レコーダーのメモリーの節約が図れます。。

例えばこんな時に!
  • 来訪者や問い合わせ者を録画したいが、頻度が少ない。