目的・用途別活用例

他の機器の動作で呼出発信する

アイホンの端末は、本体の呼出ボタンを押すだけでなく、他の機器からの信号を受けて呼出発信をすることができます。本体とは別の位置に呼出ボタンを設置したり、センサーの検知により呼出をかけるなど、さまざまな使い方が可能です。

センサーの異常検知で呼出をかける

センサー検知の信号を受けると、回転灯が点灯して現場周辺に知らせると同時に、呼出を発信。現場周辺への通知と離れた拠点への連絡をスムーズに行うことができます。

例えばこんな時に!
  • 駅のホームドアの「挟み込み」や「動作エラー」などの緊急時に、迅速に周囲に知らせたり、駅務室に通報したい。
  • 人が近づいたらセンサーで検知して、自動で呼出をかけたい。

複数の防犯・防災設備を統合

各種センサーの検知やコールボタンの信号をアイホンの端末に集約して呼出を行うことで、設備の一元化が可能です。設備ごとに着信音を分けることもできます。呼出を受信したい場所が複数ある場合も、アイホンの端末を増設するだけ。設備ごとに異なる受信機を設置する必要はありません。

例えばこんな時に!
  • 介護施設などで、来訪者の呼出、防犯センサーの検知、火災警報システムの発報、スタッフコールなど、さまざまな情報を複数のスタッフルームに同時に知らせたい。